【ITZY】日本デビュー曲「WANNABE -Japanese ver-」に決定!韓国版「WANNABE」の魅力も振り返る【イルデ】

itzy

2021年10月27日にITZYの日本公式SNSから、もうじきデビューという文言と共に、「WANNABE -Japanese ver-」での予告映像が発表されました。

この記事では予告内容と、韓国2ndアルバムリード曲である「WANNABE」の魅力について、作曲、振り付け、MV制作陣などの観点から見ていきたいと思います!


目次

予告映像

一面ピンクの内装(飛行機の中?)に、それぞれソファに座ってキリっとした表情で前を見据える5人。

今から韓国から日本に行くで!ってことで飛行機乗ってるんでしょう。

背景のビビッドなピンクでポップさとグラフィティー文字でアングラ感?、ヒップホップ感を感じますね。日本版がどんなアレンジになるのか、楽しみです!

後ろの3つのソファも気になりますね。誰か座るんでしょうか?

韓国版「WANNABE」

itzy

2020年3月に2ndミニアルバム「IT’Z ME」のリード曲としてリリースされました。

メッセージ性の強い歌詞や、キャッチーなメロディー、Aメロの肩ダンスが話題を呼び、ミュージックビデオは43日間で1億回再生を突破。2021年10月28日現在で3億8千万回と、ITZYの曲で最も再生されている曲となります。

日本でも2021年8月度に日本レコード大賞のストリーミング協会より、ストリーミングで5000万回を突破したことによるゴールド認定も受けており、日本でも愛されている楽曲です。

日本デビューでこの曲を展開するのは、認知度から言っても妥当だなと思います。

ミュージックビデオ

テーブルを歩いたり、ケーキを投げたり、髪を切ったり、クラブで踊ったり、靴を外してランウェイを闊歩したり、ドローンに追いかけられたり(?)、「私は私でありたい」というメッセージを強烈に体現したミュージックビデオ。

激しいダンスブレイクにも注目です。

作曲「TEAM GALACTIKA*

「WANNABE」は作曲家チームの「TEAM GALACTIKA*」が手がけました。

デビュー曲「DALLA DALLA」と最新曲「LOCO」を手掛けたチームで、ITZYとは相性抜群です。

「TEAM GALACTIKA*」

韓国のプロデューサー ・トラックメイカー・ 作詞・作曲・編曲だけではなく、コーラスやセッション、サウンドエンジニアなど全般をこなすオールラウンドプレーヤーな2⼈。

〈主要作品〉

ITZY : WANNABE , DALLA DALLA

宇宙少⼥ : BUTTERFLY Wanna One : I PROMISE YOU (I.P.U) TWICE : HEART SHAKER

MONSTA X : Beautiful

振り付け「leejung lee」先生他

「WANNABE」の振り付けは、Lee leejung氏、Brian Friedman氏、Lia kim氏、Yumeki氏が作成したと言われています。(KPOPの振り付けは、複数の振付師に依頼し、それを総合振付師が組み合わせるという方式が一般的)

その中で配分が多いのがLee leejung(イ・リジョン)氏であり、有名な肩ダンスも彼女が作りました。ITZYでは「mafia in the morning」も彼女の振り付けです。

リジョン先生は、ITZYの他にもTWICEやBLACKPINK、SOMI、ikonなどのKPOPアーティストの振り付けを担当しており、彼女のSWAGスタイルはKPOPのトレンドともいえると思います。

キャッチーさと高度な振り付けは何度でも見たくなるもの。彼女のキレのあるダンスを、ITZYの振り付け動画と合わせてご覧ください。

ちなみにリジョン先生は、ダンスサバイバル番組で、チェリョンの姉のチェヨン(元IZONE)とダンスバトルで対決しています。

ミュージックビデオ制作「NAIVE」

「WANNABE」を制作したのは、TWICEやGOT7、2PM、DAY6など、JYPエンターテイメントのMVを主に手掛けている映像プロダクションの「NAIVE」。

NAIVEが得意とするのは、「ストーリー性」があり、それに伴う「事細かなコンセプト・設定」を含んだミュージックビデオだ。K-POPのミュージックビデオでは、ダンスや歌唱など「パフォーマンス」をいかに魅力的に見せるかに重点を起き、その他の描写は抽象的になるというケースもあるのだが、NAIVEは楽曲の歌詞や音楽性に着目し、楽曲に込められたメッセージを映像表現に落とし込むという手法に長けている。

【コラム】韓国ミュージックビデオのトレンドを生み出すクリエイター3組|Mu:E、VM Project Architecture、NAIVE|THE MAGAZINE (tunecore.co.jp)

引用にあるように、WANNABEのミュージックビデオでは、自己肯定感を持ち、自分を閉じ込めている殻を破るという歌詞のメッセージを、メンバーの演技やパフォーマンスで表現しています。

メンバーの表情や、一人一人の背景映像にも注目して見てみると面白いかもしれません!

「NAIVE」公式サイト

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ITZY – IT’Z ME CD 韓国盤 バージョン選択可能
価格:2395円(税込、送料無料)(2021/10/28時点)


まとめ

itzy

ITZYが「WANNABE -Japanese ver-」を引っ提げて日本デビューすることと、本国「WANNABE」が多大なバックアップによって作られていることを見てきました。

デビュー日やデビュー方法(フィジカル有無など)は現在不明ですが、これからの情報も追っていきたいと思います!

itzyitzy,japan

Posted by ma-999