【ITZY】MBTI性格分析。ユナはENFPに変化【2022】

ITZY

韓国での性格診断で最もポピュラーなもののひとつのMBTI。

ITZYは2022年5月配信のITZY COZY HOUSEのプロフィール画像に最新のMBTIを掲載しています。

前回は2020年のコンテンツ内で診断しており、その結果をもとにこのブログでも性格分析をしました。

新たなMBTIで結果が変化していたのはイェジ、チェリョン、ユナの3人。

今回は、5月の結果をもとに最度分析し直しています。前回の結果と比較しながら見ていきたいと思います!

前回の診断結果の分析記事↓

目次

ユナ

ITZY

名前:ユナ
本名:シン・ユナ(신유나)
生年月日:2003年12月9日
身長:169㎝
血液型:A型
ポジション:ビジュアル、ラッパー、ダンサー
学歴:翰林演芸芸術高等学校 実用舞踊科
家族構成:父、母、姉

MBTI診断結果→「ENFP」

MBTIとは

MBTIとはユングのタイプ論をもとにした、世界45カ国以上で活用されている、国際規格に基づいた性格検査です。

一般社団法人 日本MBTI協会

MBTIは100個程度の質問により、16個の性格傾向のうち、自分に一番近い性格タイプを導き出すものです。

「ENFP」

ITZY

外向的で活動的だけれど内面は繊細で悩みを抱えやすいという性格型

ENFPという、外向的だが内面は悩みがちな二面性をもつ性格 | エリアブルー (areablue.jp)

①ENFP型の性格概要

Eの外向型(Iの内向型とEの外向型の2パターンのうちのEの方)、

Nの直感型(Nの直感型とSの現実型の2パターンのうちのNの方)、

Fの感情型(Fの感情型とTの思考型の2パターンのうちのFの方)、

Pの柔軟型(Pの柔軟型とJの規律型の2パターンのうちのJの方)、

という組み合わせでENFPになります

②ENFP型の性格と、好みと、行動の特徴

ITZY

a.ENFP型の性格傾向

  • 社交的
  • 社交的ではあるが、どこか独立的な心境
  • 好奇心がおう盛
  • 楽天的
  • 感受性が強く、そのことにより感動しやすかったりショックで落ち込みやすい
  • しっかりとした倫理観をもっている
  • 「自己表現」をすることに強い意欲を示す
  • 多様性を認め、多様性を擁護する
  • MBTIにおいて、ENFPという性格型は「Champion(広報運動家)」と名付けられている。
    ENFP型のその他の呼び名は「擁護者」「陽気な夢追い人」「好奇心豊かな社交家」など。

b.ENFP型がもつ特殊な才能

  • 洞察力に優れ、物事の本質を見抜くことができる
  • 多角的な視点をもつ
  • 物事に対して挑戦的
  • 美的センスがある
  • 創作活動に適性がある
  • 他人に対して思いやりがあり、そのおかげでみんなからの人気がある

c.ENFP型の欠点

  • 過激な行動を取ることがあり、そのせいで自他へ損害を与えてしまう
  • 頑固な態度を取ってしまうことが多い
  • 物事を先延ばしにしがち
  • 型にはめられることを強く嫌う性格のため、ルール・規則に従うことを強制される組織に属することが苦手
  • 追いつめられすぎると、お酒に溺れたり退廃的な気持ちに陥るなど、具体的な解決行動を取れなくなる
  • アイディアの発案と計画を立てることだけで満足してしまい、行動を起こさないことが多い

③ENFP型の心理機能の組み合わせ

優勢機能補佐機能代替機能劣等機能
ENFP外向的直観内向的感情外向的思考内向的感覚

外向的直観:この世界を客観視して、世界の中に隠れている秘密を見つけ出そうとしたり、新しい発明をしようとする気質。

内向的感情:自身の内面へ意識を向け、自分がどのように感じるかで物事を判断しようとする気質。

外向的思考:この世界を客観視して、物事を判断したり思考しようとする気質。

内向的感覚:自身の五感によって受け取った情報をもとに、自身の内面で感じたことで物事を判断しようとする気質。

ENFP型の心理機能の組み合わせから生じる長所

  • 優勢機能の外向的直観:「好奇心の強さ」「洞察力」が主な長所
  • 補佐機能の内向的感情:「他者への優しさ」「豊かな内面世界」が主な長所

その性格型の長所は、大部分が優勢機能の種類と、それを補う補佐機能の種類の2つによって決定します。

ENFP型は、強い好奇心や優れた洞察力によって、世の中の物事を探求する才能があります。

また、自身の内面へ好奇心や洞察力を向けて、自分自身の精神について理解を深めることも得意です。

優れた洞察力を他者の事情・心情へ向けることで、事情・心情を正確に読み取り、良い相談役やカウンセラー役としても活躍できます。

④ENFP型の性格まとめ

ITZY

1「他人へ向ける顔と、内面の状態が、大きく食い違っている」

  • ENFP型の他人へ向ける顔:愛想が良くて社交的な態度。他人からは「悩みが無さそうで羨ましい」と思われがち。
  • ENFP型の内面の状態:ナイーブ・繊細であり、自己のコンプレックス部分についてなどあれこれ悩みを抱えやすい

上記のような内外のギャップが、ENFP型の人に大きな精神的負担を課していると考えられます。

2「行動的であり、『面白い人』という印象を他者に与える」

ENFP型は外向的であり、他人を楽しませる言動を積極的に行うので、他人からの人気が高いようです。

ただし、「お調子者」「ひょうきんな人」「落ち着きが無い人」のような、少々否定的な感想を抱かれてしまう場合も少なくありません。

3「好奇心が強い性格型で、色々なものへ興味を向ける」

ENFP型が興味を向けやすいもの

  • 科学
  • 政治
  • 社会問題
  • 倫理観
  • モラル(道徳のこと)
  • 自身の内面
  • 他者の内面や他者の心理
  • 自己と他者の人間関係
  • 美術的価値が高く、美しいもの

小さな子どものような好奇心をもって、世の中の色々な物事に目を向けています。

そのため、趣味の種類や考察するテーマ数が多くなり、人生が豊かになる傾向があります。

ユナの性格

ITZY

ユナはENFJからESFPへ変化

外界への接し方(Structure)が、J – 判断型(Judging)からP – 知覚型(Perceiving)へ変化しています。

心理機能では、ENFJが、

  • 優勢機能→外向的感情(他人に対して思いやりが強くて共感的な態度であり、人付き合いが上手い。対象について自身が感じることをもとに判断しようとする気質)
  • 補佐機能→内向的直観(現象の本質・共通性・関連性を見出そうとする気質)

だったのに対して、ENFPが、

  • 優勢機能→外向的直観(この世界を客観視して、世界の中に隠れている秘密を見つけ出そうとしたり、新しい発明をしようとする気質)
  • 補佐機能→内向的感情(自身の内面へ意識を向け、自分がどのように感じるかで物事を判断しようとする気質)

という変化をするようです。

もともとユナは、空気が読めて周りに合わせることができて、マンネながらも自由な姉たちをサポートすることが多いメンバーでもありました。

もちろん、その性質がなくなったわけではありませんが、それに加えて、新しいものへの関心が高まるのと同時に、自分の内面で判断したいという気持ちも増しているかもしれません。

ENFPは好奇心旺盛で外へ向かっていくエネルギーがある反面、内面では様々な考察を繰り広げて悩みもあり、その二面性に自身や周りも戸惑うことがある特徴があります。

ユナの場合も、ただ聞き分けのいい妹から自立する大人になっていくという成長の過程での変化も重なり、もしかしたらメンバー間にも戸惑いがあるかもしれませんが、様々な変化を乗り越えて感動していると推測されます。

ちなみにENFPは、活発な外面とシリアスな内面のギャップで他者が離れることがある特性がありますが、気にしないことです。来るもの拒まず、去るもの追わずのスタンスで、一緒にいてくれる人を大切に、自分の興味があるものに貪欲にというスタイルが吉のようですね。

ITZY初のPerceiving型

2020年の結果では、ITZYのメンバー全員が外界への接し方(Structure)が、J – 判断型(Judging)でした。これは規律型とも言われ、几帳面で規則正しく、長期的なタイプに該当します。

メンバー全員が真面目でしっかりしているのが特徴でもあると言えました。

今回ユナがP – 知覚型(Perceiving)、柔軟型とも言われますが、状況に応じて柔軟に臨機応変に動くタイプに揺れ動くことにより、ITZYのグループとして、どのような変化がもたらされるかも注目ですね。

まとめ

MBTIは、時間や状況で変化するものですので、これは2022年の春、ITZY COZY HOUSEの撮影時のユナの結果だという理解をよろしくお願いします!

場の空気が読めるのに加えて、好奇心旺盛でエネルギーも溢れるユナ。

これからもそんなユナを応援していきたいですし、このブログでも活動を追っていきたいと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

itzyitzy,yuna,MBTI

Posted by ma-999