【ITZY】ワールドツアーinソウルの感想③(CHECKMATE_TOUR)【LIVE】

itzy

ITZY初の単独ライブお疲れ様です!

ライブの感想をセトリ順に語ります。

全25曲を3回に分けてアップしているこの企画も最終回です。

今回は16曲目「bloodline 」(CHEARYONG solo stage)〜ラスト「Be in Love」までです!

第1回、第2回の感想記事はこちら↓

目次

16.bloodline (CHEARYONG solo stage)

チェリョンのソロステージはアリアナ・グランデの「bloodline」。

AOTMの時から思っていたけれど、チェリョンのパフォーマンスは女性的で、かつ妖艶さを感じるんですよね。ITZYの力強さとはまた違う色を出せるメンバーだと感じています。

はじまりで机に寝そべってカメラを見る演出考えたの誰…天才。

力強さとは違うって書きましたが、別にか弱い存在でもなくて、意志はしっかり持ってやるのは、ちゃんとITZY。でも、やりたいように出来ない部分も同時にあるからこその意思表明って感じにも思えるのです。弱さも持ち合わせながら寄り添う感じが女性的なのかなと。

強さと弱さを同時に表現できるのはチェリョンの魅力。

17.Hotter than HELL (YEJI solo stage)

イェジがトリでこの曲やるっていうのが、また意外性があって良かったです。

ダンサーとしてのスキルが高すぎるので、めちゃくちゃ踊りまくるのかと思いきや、ボーカルナンバー。

デビュー前のオーディション番組、THE FANでイェジが歌ってるの思い出したんですよ。その時も低音が響くボーカルしてて、アイドルとして高音シャウトしてるイェジしか見てなかったから意外だったんですよね。

その時の映像を遡ってたら、今回と同じ、Dua Lipaさんの曲カバーしてましたね。

https://youtu.be/9Bp13_24mhY

すごくこの方にインスパイアされてんだな…。(曲選したの誰かわかんないですが…たぶんイェジですよね)

イェジは、ITZYではラップとダンスとシャウト(?)がメインだけど、こうやって歌い上げるボーカリストとして表現したいものもあるのかな、とも思えたし、これからの活動がまた広がる感じですね。

イェジはソロアーティストとしてデビュー出来る存在でもあったはず…と個人的には思うくらい才能に溢れてるので、またいろんなソロワークが見てみたいと思えるステージでした。

メイクサムノーーーイズ!

18.WANT IT

デビュー曲のDALLA DALLAと共にリリースされたこの曲は、彼女たちのスタートダッシュを一緒に走ってくれた大切なもの。

それを初の単独ライブで、ステージ方々に散って楽しそうに歌うメンバーを見ると本当に胸が…(情緒不安定)

MAA2019で披露したImad Royal Remixが非常に良かったので、もしかしたオープニング説もありましたが(私の中で)、メンバーが楽しむ姿も見れたので満足です!

19.NOBODY LIKE YOU

WANT ITに続き、フリーのステージングで披露。

あなたみたいな人はいない=唯一無二のあなたということで、聴く人を全肯定してくれる強く優しい曲です。

テントンペンなので、カメラに向かってテントンが何やらやってるとこでもう満足。この導線で組んでくれた演出さん、ありがとう。その時の歌詞がまた良くて。MIDZYが撮ってくれた映像と日本語歌詞を併せてご覧ください。

RYUJIN

꽁꽁 얼어붙은 내 맘에 カチカチに凍った私の心に

사르르 스며든 너 때문에 染み込んだ君のせいで

앞뒤 분간이 잘 안돼 前後の見分けもつかないの

이건 내 Style이 아닌데 こんなの私のスタイルじゃないのに

YEJI

그렇게 또 웃지 말아 yo そんな風にまた笑わないで yo

모른척할 수 없잖아 yo 知らないふり出来ないじゃんyo

왜 자꾸 생각날까 どうして何度も思い出すのかな

Oh my god 너는 뭘까 あなたは何なんだろう

私のテントンの解釈と一致。

頭の回転がよく、適応も速いリュジンがわけわかんなくなった時に、純粋なイェジが拠り所になってると感じるんですね。

イェジにとって色々出来るリュジンはわけわかんない所もあるんだろうし。

この歌詞をお互いのそばで歌ってんのがほんと…もう…ね?(?)

MC

メイクサムノイズいじりで盛り上がってるな…と思いきや、リアのおかげで全員のメイクサムノイズ聞けた…神MCすぎた、絶対この映像をパッケージにしてください!お願いします!

20.LOCO

ラストスパートいくで!って感じで、一気にギアチェンジしましたね。

アラビアンなダンスブレイクが省略されてて、やはり終盤〜アンコールにかけての体力温存はライブの課題だよな…と思ったらリュジンとダンサーさんがフロアありのしんどいダンスブレイク。

省略の仕方おもろ…と思ったけど、見せ場中の見せ場なので本当にありがたかったです。

アルバムリード曲のダンス難易度やばすぎません?

21.NOTSHY

最後の最後に最高難度のダンスきたぁ(個人的見解)

ダンスの細やかさと難しさの割に少し地味な気がして、コスパが悪いと評判(私の中で)のナッシャイですが、ITZYの凄さを堪能出来る一品だと実感できました。

あと、フラットな曲ですよね。すごいエモーショナル!ってわけでもなく、クセ強!ってわけでもないので、ライブでは使い勝手いいなと。ライブ序盤でも中盤でも終盤でもどこにいてもいいなって感じました。体力的にはしんどそうですけど。

はじまりを見ても、リュジンだけがロコのダンスブレイクした理由が分からなかったのですが、4人の体力温存でしょうか?

ダンサーさんだけダンスブレイクを踊る予定だったけど、やっぱりメンバーがいないと締まらないので、リュジンだけ出るって感じになったのかな?どちらにせよ、凄いです。

ロコもナッシャイもしんどい曲だと思うので、よくやりきったなと。ここで本編終了です。

MIDZY MISSION

アンコール前の演出。

TWICEの姉貴たちいたよね!

5人とも立ってノリノリですごいなと思ったけど、周りへの対応?ファンサ?が一般人じゃないとおもったし、ITZYのライブであのノリノリは先輩?と思ったので…あとでパブサしてやっぱりTWICEの姉貴だったなって。

観に来ていただいて、演出にも参加いただいてありがとうございます!

中央にいたのモモさんに見えたな…。

22.DOMINO

アンコール一発目。

CHECKMATEエモ担当のこの曲ですが、あなたのおかげで耐えることができているっていう、それがメンバーでもありMIDZYでもある、っていう感じの曲ですよね。

私の中で、耐えるっていう言葉で思い出すのが、リアなんですね。Letter to MIDZYで独白してましたよね?なので、私の中でこれはリアの曲でもあり、背中合わせに奮闘するITZYの姿がイメージされる曲ですね。

23.MIDZY

対面ライブでこれは欠かせないこの曲。座ってアイコンタクト取りながら歌うのほんとエモい。

MIDZYへの想いを込めたファンソング。コロナ禍で会えない期間にリリースした曲なので、これを対面で披露して、これを受け取るってことがどれだけ貴重でありがたいことか噛み締められる気がします。

この曲に続いて、次にMIDZYからITZYへのコメントを映像で流す粋演出…そこでユナが大号泣。

Final comment

大号泣したユナが立て直して始まるメンバーコメント。

四年目にして初めての単独ライブ、しかもコロナ禍を経てということでITZY、MIDZYともに感慨が深海並みに深いです。

イェジが堪えきれない感情と闘いながらコメントして、それを見てリュジンが思わずめり込んじゃうシーンは、別に書いてアップしているので興味ある方はどうぞ!

24.IT’Z SUMMER

感動だけでは終わらない…むしろこのライブが始まりだから!夏は始まったばかりだから!!!ということで、イッツサマーです。

エンドステージからセンターステージまで広がって、フリーでパフォーマンス。やっぱりライブは楽しいんよぉ〜って感じです。オンラインでも伝わりました。コメントが終わって感情解放したメンバーたちが見られましたね。

ここは本当にみんな良い顔をしていて、マスターさんたちが撮った写真もすごく良いのが多いので、チェックしてみてください。

25.Be in Love

この曲で終わりなんだなって分かるくらい、これ以上ない締めにぴったりな曲でしたね。

後ろ髪を引かれるようなちょっとしさ切なさを感じさせるリアのボーカルが際立ちながらも、愛に包まれる多幸感を持ってライブ終了です。

最後はエンドステージの奥でスクリーンが閉まるまで手を振ってくれたメンバーの笑顔が印象に残りました。

まとめ

ITZY

ソロステージを含めて全25曲!

メドレーはなく、一曲一曲をしっかり魅せきったステージだったと思います。

イェジがバブルでもっと良く見せられたかもしれないけど…的なことを言ってて、いやすごかったですよ!と思ったけれど、彼女たちが目指す高みはまだまだ上にあるんだなぁと。

これからの活動も楽しみですし、何より始まったばかりのワールドツアー。ITZYもMIDZYも無事に乾燥することを祈っています。

次こそは私も対面で…!!!

ライブ感想は以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

itzyitzy,CHECKMATE,tour

Posted by ma-999